トップページへ戻る

再帰反射性歩車道境界ブロックの夜間視認性向上 販売。
災害時に安全誘導できます。
位置表示・地域表示も可能にした縁石を製造可能にしました

TOP>[製品紹介] 再帰反射性歩車道境界ブロック

フラッシュサイン
「フラッシュサイン」とは
特徴
製造行程
石川ブランド認定
特許

再帰反射性歩車道境界ブロック「フラッシュサイン」とは

「フラッシュサイン」とは、再帰反射性を有するアンカーシートでコンクリート製品に簡単に再帰反射性サインを一体化することが出来ます。

通常 昼間
昼間
蓄光夜間 再帰反射
夜間

歩車道の安全性向上とサイン効果
道路において、歩車道境界ブロックの夜間視認性向上によって視線誘導効果が得られ、事故防止安全性の向上が得られます。
また、単に反射するだけでなく文字やロゴ記号を表示することが出来、位置表示・地域表示も可能にした縁石を製造可能にしました。

特徴 

歩車道境界ブロック
  • フルカラーに対応した鮮明色により、優れた視認性を有します。
  • 100m先からでも視認可能で、抜群の視線誘導効果が得られます。
  • 従来の歩車道境界ブロックの製造装置をそのまま使用しますので、新たな設備お必要としません。
  • 歩車道境界ブロックの凹んだ部分に再帰反射表示するため、外部の衝撃から保護され防塵効果もあります。
  • 従来の歩車道境界ブロックに道路名、施設名、観光名所等の地域情報を反射で提供できます。
  • 高輝度反射により優れた夜間の視線誘導により事故を未然に防ぎます。
  • フレキシブルなアンカーシート構造の採用で、平面だけでなく曲面や折れ曲がり面等の複雑な面にも対応できます。
  • 特別な装置は不要で従来のコンクリート金型に取り付けるだけで簡単に反射ブロックを製造できます。
  • アンカーシートとコンクリートが一体構造となり、剥がれることは無く抜群の耐久性があります。
  • スクリーン印刷方式で自在に色・柄のデザインを表示することができます
  • 製造からの一貫加工で短納期対応が可能です。

「フラッシュサイン」の製造工程 (コンクリートブロック成型時の取り付け)

1. デザイン 2
.
 シート
3.
取り付け
元デザインの作成 反射シートの作製 (生コンクリートと非常によく接着・固定するアンカー材が一体化されています。) 反射シートを型枠にセットします。

4. コンクリート

5.
  締め固め
完成
完成
生コンクリートを流し込みます。 締め固め 養生後脱型して完成
コンクリート2次製品製造会社であれば特別な設備を要せず製造可能です。

再帰反射機能  

歩車道境界ブロックの凹んだ部分に再帰反射表示するため、外部の衝撃から保護され防塵効果もあります。道路名、施設名、観光名所等の地域情報をフルカラー反射で表示が可能です。

ブロック

施工事例 

歩車道境界ブロック  昼   夜    車のライトを照らして撮影

昼

夜
車止め 昼 車止め夜

石川ブランド認定

平成23年度石川ブランド優秀新製品に認定されました。 認定書

 

フラッシュサインの走行テスト

道路左側の側壁に赤 黄 青の反射材(フラッシュサイン)を取り付けました。
大聖寺 昼 走行動画
大聖寺 夜 走行動画
160号上り線(七尾方面→高岡方面) 施工後 夜
左側壁の白い四角がフラッシュサインです。
160号下り線(高岡方面→七尾方面) 施工後 夜
右側壁の白い四角がフラッシュサインです。

お問い合わせ

 

よくある質問とその答え

フラッシュサインFAQ

お電話でのお問い合わせ
TEL 0761-55-2220



COPYRIGHT(c) 2015 Komatsu Process Corporation.