トップページへ戻る

夜光塗料として紙や木製品布などにペイント可能です。
アートフラワー蓄光材料・ブリザーブドフラワー蓄光材料としてご利用いただけます。
反射・蓄光インクルミナイトは 高い蓄光及び反射輝度を持っています。

TOP>[製品紹介] 反射・蓄光インク ルミナイト

水性蛍光塗料

ルミナイトは他社製品より非常に高い残光輝度があります。 

蓄光・反射 ルミナイトの特徴

 ルミナイトはスクリーンプリント用に開発した 反射と蓄光両方の機能を有したインクです。 再帰反射インク「アートブライトカラー」の技術をベースに、暗闇で発光する蓄光の機能をを持たせました。夜光塗料として使用できます。
ルミナイトでプリントされた素材は反射と蓄光により高い視認性を持つことが出来ます。
  ・ルミナイトWシリーズは水性インクですので取り扱いが簡単で、体に有害な物質はまったく含まれておりません。
  ・乾燥後は水に濡れても色落ちしません。
  ・夜光塗料として紙や木製品 布などにペイント可能です。
・ ・アートフラワー材料・ブリザーブドフラワー材料としてご利用いただけます。
業務用プリントからホビー癒し効果用蓄光塗料ペイントとしてご利用いただけます。
※蓄光及び反射は照射した光の強さによって異なります。
●蓄光・反射インクは弊社の特許です。特許についてはこちらへ

アートフラワーデザイン・ブリザーブドフラワー材料等のホビーペイントにご利用下さい。

フラワーアレンジメントに筆でペイントしてみました。
バラはブルー発光BW かすみ草はグリーン発光GWのルミナイトを使用

<昼間>
<部屋の照明を落として撮影>
ブリザーブドフラワーにもペイント出来ます。
ブリザーブドフラワー使用例 (M.Komatsu様)
部屋のアクセントに最適  蓄光の柔らかな光には癒し効果があります。

スクリーンプリントでTシャツやテキスタイルにプリント出来ます 夜光プリントとしてご利用下さい。

反射・蓄光インク「ルミナイトRGW RBW」でプリントしました
通常 蓄光発光 再帰反射
ルミナイト蓄光 ルミナイト反射 ルミナイト昼
 

反射・蓄光インク ルミナイトの種類

ルミナイトはその性能を表すため下記の認識記号が記載されております。
記号
記号の意味
記号の示す性能
R
Reflection
再帰反射
G
Green luminescence
グリーン発光
B
Blue luminescence
ブルー発光
W
Water-based ink
水性インク

●ルミナイトには4種類のインクがあります。
商品名
反射輝度
蓄光輝度
インク
比重
ルミナイト RGW
グリーン発光反射水性インク
2.0〜2.2
ルミナイト RBW
ブルー発光反射水性インク
2.0〜2.2
ルミナイト GW
-
グリーン発光水性インク
1.6〜1.8
ルミナイト BW
-
ブルー発光水性インク
1.6〜1.8
ルミナイトはホビー用ペイントとしても使用できます。
スクリーンプリント用として開発されましたが、筆などで紙や木製品布等にペイントできます。
水性インクですので取り扱いが簡単 !
乾燥後は水に濡れても色落ちしません !

ルミナイト(Wシリーズ)
ルミナイト

再帰反射機能 反射輝度

「ルミナイト」(Wシリーズ)のRGW RBWは再帰反射機能を持ちます。
インク中の中には反射材やガラスピーズが含まれており、再帰反射は光りの入射方向に反射するために、反射光は25m 離れた所からも容易に視認することができます。
観測角度
反射輝度:cd/lux/m2
RGW RBW
0.2
4
4
この数値は測定値であり保証値ではありません。
スガ試験機(株)製 再帰反射性能測定機 NS-1D使用

蓄光機能 残光輝度は他社製品に比べ非常に高いものです


「ルミナイト」(Wシリーズ)は蓄光機能を持ち、特にGW BWは高い残光輝度を持ちます。
インク中の蓄光顔料成分の量によって残光輝度は変化しますが、プリントの条件によっても変わります。
下記のデーターは80メッシュの紗を使用してプリントしたものをD65常用光源 200lx 20min照射して測定したものです。
飽和状態からの残光時間は約1時間です。(ペイントや環境条件によって変わります。)

経過時間
ルミナイトWシリーズ 日本標識工業会
JA規格
RGW RBW GW BW
1
457
322
667
491
-
5
110
120
161
189
-
10
54
65
79
102
50
20
25
31
37
49
24
30
16
19
23
30
15
60
7
8
10
12
7
単位 mcd/u
「ルミナイト」は日本標識工業会フロアサインに関するJA規格を満たしています。

反射・蓄光インク ルミナイトの使用法

「ルミナイト」(Wシリーズ)は水性インクです。
取扱いが簡単で、器具などの洗浄も容易に行えます。 インク中には、蓄光顔料やガラスビーズが混入されています。比重が大きく沈降しやすいので、ご使用前には必ず充分攪拌して下さい。
印刷について (筆などでペイントも可能です)
@ スクリーン印刷用のスクリーンメッシュは、比較的開口率の高い80〜100メッシュを推奨致します。
A 水をはじく物には使用できません。対象素材は、ポリエステル、綿です。その他の素材についてはあらかじめテストをして、堅牢性などを確認してください。
B 印刷後は乾燥してからキュアリング(加熱処理)をして下さい。輝度が上るのと同時にプリント品の堅牢度が向上します。
C キュアリング条件は素材や加熱装置により異なりますが、160℃〜175℃ x 3分を目安として下さい。ご家庭のアイロンでの場合は必ず当て布をしてください。
D 反射輝度の確認については、目の横の位置にライトを持ち、キュアリング後の素材に光を当てて下さい。
E 濃色の生地にプリントする場合は、隠蔽層をプリントした上に重ねてください。



ご注文 Online Shopping

  SHOP
●●ご注文はONLINE SHOPよりお願いいたします。●●
お電話でのお問い合わせ
TEL 0761-55-2220




COPYRIGHT(c) 2015 Komatsu Process Corporation.